ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

2007-12-01から1日間の記事一覧

『テス』的な世界〜農場主とメイド

ちょっと興味深かったのが20世紀に入っても尚存在した、「小作人」と「農場主」の関係です。今回調べていて、「農場で働くメイド」たちが何人か出てきました。ほとんどが『テス』のように住み込みのメイドで、牛乳搾りや農場の手伝いをしつつ、メイドとして…

翻訳ほぼ終了(21:10)

2冊目の資料本の主要エピソードの収集は完了しました。38名ほど、実りあるエピソードが集まりました。こちらは時間が無いので、結構削っての38名です。 夏の同人誌のリスティング作業とあわせると、実に400人近い使用人の名前とエピソードが集まったことに…

翻訳継続(10:10)

現在、2冊目の翻訳作業中です。こちらは20世紀主体で、特にエピソード集でもないので、適当に切り上げようと思います。今のところ30エピソードぐらいの目星がついているので、今日中に翻訳を完了させます。明日にはカテゴライズしたテーマで分類付けをする…

冬コミ新刊の概要とテーマ

『タイトル未公開(イベントまで秘匿予定)』のINDEX 13歳のメイドはシャーリーだけじゃない メイドの仕事は大変なのです メイドさんも会社員と同じ 二つの世界 不屈のメイドさん そんなに悪くない 姉妹でメイド 音楽なしでは生きられない 奇妙な主人たち ご…

イギリス執事Arthur Inchとの「再会」

最近、新刊作業に向けて、各種資料を振り返っています。で、資料の中でそこそこ出てくる20世紀の執事に「Arthur Inch」がいます。彼の父もまた執事であり、父から「執事は大変だぞ」と言われても尚、執事を選び、執事として生きている(そう、最近まで現役だ…