ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

2005年秋・イギリス

その8:最終日

かなり間隔があきましたが、ラストです。 起床:06:00 最終日、前回の旅行ではヒースロー発11時の便で帰国しましたが、今回の全日空は19時発。十分に余裕があります。この日は、特に細かい予定は考えていませんでしたが、折りよく日曜日だったので、日曜にし…

その8:4日目:後編:ロバート・アダムのカントリーハウスへ

予定6:大本命の屋敷・Osterley Parkへ 地下鉄で一本・意外と近い穴場のカントリーハウス 気になっていたカントリーハウスのひとつです。自分の中では、KenwoodHouseや、他のどの観光地よりも、今回の旅行のメインディッシュ、ここを味わいたいがために、旅…

その7:4日目:前編:ロンドン横断

起床:02:00、06:00 再び、目が覚めたのは午前2時。という暮らしが続きました。これは時差ボケなのでしょうか? 予定1:Eaton Place ドラマ『Upstairs Downstairs』の舞台 イギリス・1970年代に放送され、第五シリーズ全68話まで続いたドラマ『Upstairs Do…

その6:3日目は遠征

起床:02:00、06:00 再び、目が覚めたのは午前2時。テレビをつけて、ぼけっと眺めています。日付は忘れましたが、『カードキャプターさくら』や『遊戯王』も放送していました……英語吹き替えになっていますが、声が太いです。 天気予報を見ると、午前中は雨…

その5:2日目は屋敷行き

起床:02:00、06:00 翌日、目が覚めて窓の外を見ると、まだ外は真っ暗。午前二時です。もう一度眠りにつきましたが、目覚めてもまだ午前六時。外は真っ暗、なんとなく窓の外を眺めて、夜明けのロンドンを待ちました。 赤みがかった夜明けの空が、段々と抜け…

その4:1日目・日本発・ロンドン着

旅行前に 人生で初めての海外ひとり旅。学生を卒業してしまい、歳を重ねると、いろいろ失敗することや恥をかくことに抵抗があって、海外で冒険をする心持はどこにもありません。リスクを避け、面白さを優先せず、明日を考え、トラブル無く日本に戻ってきて会…

その3:計画〜目的地と交通手段

目的地についてはその1に書きましたが、より細かいチューニングがいります。日程を組み、時間を無駄にしない為には意外と頭を使います。尚、この方式は久我の方式なので、他にもっと最適なものがあるかもしれません。ただ、この方法が自分にはいちばん(旅…

その2:計画〜ではどうやって?

ハイドパークのサーペンタイン池 行きたい場所は決まったものの、どうやって行くのか? 前回の旅行では「大英博物館の近く」のホテルを選びたかったものの、ツアーでは完全な指定が難しかったこともあり、「飛行機+ホテル」で選びました。今回は「ひとり旅…

その1:計画〜どこに行きたい?

背景 友人たちと今年もどこか海外に行こうと話していましたが、都合がつかず、国内で一生懸命探したのですが、素晴らしいところはいっぱいあっても、心の底から行きたい場所がありませんでした。今行きたいところは、イギリスしかないのです。 ロンドン 次に…

前奏、ということで

ホテルの窓から、朝の光景。 きっと、煙突下の一番上の窓辺りにメイドさんが寝ていたのでしょうね。メイドさん関連本では必須の英語atticです。滞在した頃は晴天が続き、夜明けも昼間の空の色も鮮やかでした。霧を見れないかなぁと滞在前は期待したのですが…