ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

森薫先生の公式ブログ「ヘリオトロープ」6月末に閉鎖

ブログ閉鎖のお知らせということで、森薫先生の公式ブログに告知が出ていました。明日04/25から04/30まではイラストの公開・更新を行い、その先は6月末にブログ削除ということです。



2008/04/13の日記で森薫先生の公式ブログ開始&公式サイト閉鎖のお知らせと書きました。次の連載開始までの期間限定ということで、旅行記やイラストが公開されていました。



ファンとして雑誌では見られないイラストや近況を知ることができて大好きなブログでしたので残念ですが、明日以降の更新を楽しみにしたいと思います。


『Fellows!』でメイドが無料配布冊子足りえるのはなぜ?

Fellows! 2009-JUNE volume 5 (BEAM COMIX)

Fellows! 2009-JUNE volume 5 (BEAM COMIX)





読み終わったので書きます。ネタバレはないです。



僕は森薫先生のファンで、その視点を中心に『Fellows!』を見ていますが、ふと、雑誌のブランドとして今回のおまけ冊子が「メイド」なことに疑問を持ちました。それまでそういう展開をしていたならばいざ知らず、『Fellows!』は違いますよね?



森薫先生だけしか、接点がないと思います。



森薫先生の作品、完成度がすごすぎました。過去最高レベルに匹敵する仕上がりの短編だと思います。『エマ』が終わったことであの作品を載せる媒体がないのはわかりますが、これを無料配布冊子に入れ、「総集編」に入れないのは、もったいないです。


『Fellows!』最新号と、総集編『乙嫁語り&乱と灰色の世界』発売

総集編と『フェローズ』最新号-----2009/06/10という情報が公式サイトにあがっていました。



Fellows! 総集編 乙嫁語り&乱と灰色の世界 (BEAM COMIX)

Fellows! 総集編 乙嫁語り&乱と灰色の世界 (BEAM COMIX)





AMAZONでも総集編の受付が始まっています。



公式サイトによる発売日は06/15ですが、なぜか紀伊国屋で販売していたので、久我は双方入手してきました。



森薫先生の公式サイトも更新されており、それによると『Fellows!』最新号には連載作家たちによるメイドをテーマにした作品を載せた冊子がつくとのことです。尚、配布書店が限られているとのことです。



『フェローズ!』『フェローズ総集編 乙嫁語り&乱と灰色の世界』(2009/06/11)



久我が買った際には幸運なことに冊子がついていましたが、なぜこういうファンが欲する冊子が特定の書店限定なのか、『Fellows!』編集部の戦略がよくわかりません。どの書店で載っているかも、今のところ、公式には出ていないですし、手に入らなかった人は損した気分になるのではないでしょうか?



と書いたものの、全員への付録にした場合はコストが余計にかかるわけで、限られた中でのファンサービスは素直に喜ぶべきですね。この点本当に難しくて、「得しなかった=損した」というわけではなく。



これで本当は全員に同封されていたら、「みんな得した気分」になって、すごいのですが。



で、この冊子が欲しくて久しぶりに『Fellows!』を買いましたので、戦略に乗ってしまいました。創刊から気になっていた笠井スイさんの新作がこの5号からは載っているので、運が良かったかもしれません。



さらに森薫先生の日記には、今回は『乙嫁語り』を5〜6話の掲載とのことです。これで単行本化が近づいたのでしょうか? 読みたいものが読めるので、満足です。



総集編の販売方法については「どうして単行本を待たずに、こういう売り方にしたのか?」と疑問に思い、前回日記に書きました。



森薫先生の『乙嫁語り』の1〜3号掲載の総集編と対談記事(2009/04/18)



これからどうなっていくのかはさておき、まずは作品を読みます。


森薫先生の対談・第三回目(最終回)まで公開と遊牧民族への関心



森薫さん、しおやてるこさん、笠井スイさんによる特別対談 第3回



とのことで、Fellows!公式サイトに出ていました。



遊牧民族に対する森薫先生の想いが語られています。



久我も間違っていたら、遊牧民族の研究をしていました。当時の興味対象は帝政ロシアか、ローマか、遊牧民族か、ヴィクトリア朝かでしたが、一番資料が豊富で、かつ自分が研究する余地がある(ローマは無かった、ロシア・遊牧民族は資料が無さ過ぎる)ものを選びました。



シルクロードの系譜では井上靖先生の作品群で興味があったのですが、久我が知りたかった元もとの遊牧民族は、森薫先生の興味対象である中央アジア方面ではなく、『アラビアのロレンス』に登場するような、アラブ系のものです。



なぜそっちに興味を持ったかといえば、大学時代に読んだ『熱砂の大陸』の影響です。



熱砂の大陸〈巻1〉放浪神の御心 (富士見文庫―富士見ドラゴンノベルズ)

熱砂の大陸〈巻1〉放浪神の御心 (富士見文庫―富士見ドラゴンノベルズ)





ドラゴンランス戦記』の筆者の作品ではありますが、この作品は多様な文化圏の戦争を描いたもので、主人公の一人はアラブ系な遊牧民族です。そこで描かれる世界は異質で、価値観がきちんとしたファンタジーライトノベル的な日本的価値観で設定だけその文化、ではなく、物の見方・考え方までその文化圏のもの)でした。



物の考え方が全然違っていて、なぜそう思うのか、知りたくなりました。砂漠の民に保護された別文化圏の登場人物の一人は、その点では西洋的なものの見方をしていますが、登場した遊牧民族に魅力を感じ、実際の人々はどんなものだろうか、と思ったものです。



図説沙漠への招待 (ふくろうの本)

図説沙漠への招待 (ふくろうの本)



図説 ペルシア (ふくろうの本)

図説 ペルシア (ふくろうの本)





こんなものを買ったのもいい思い出です。



本当のところを言えば、『熱砂の大陸』はアスリアル(末弥純さん描く)の為の作品ですが。個展があった際、複製原画(の印刷物?500円ぐらい)を買いましたとも。


森薫先生のブログ更新・眼鏡祭り

欲望に忠実で素敵な大人だと思います。



ひとりで眼鏡祭りを大開催していた時に描いたもの。とのことです。



前に載っていたメイドマンガも、多分普通に商業に載せられるものだと思うんですよね。好きなものだから描かずにいられない、というものを感じました。


森薫先生ブログでショートマンガ

メイドさんショート漫画 その2



「あるある」的なネタですね。ごく一部において(笑)



1回目(上記2回目の下部にリンク先あり)とトーンが違いすぎる!



以下微妙にネタバレなので改行入れます。



























公爵様の食事も1食1ポンド以上なんて記録も残っていますし、ゲスト招いてディナーを開催した主人が「使用人にやるチップを俺によこせ」的な発言をしたと、どこかで見たような気がします。



なんで高いワインの対比が「ビール」かと補足すると、ビールは「安い」からです。大きな屋敷では自分たち(執事が責任を持つ)で醸造するので、お茶みたいな感覚で飲めるのです。ビール手当てと言うようなものもありました。



『英国メイドの世界』読者の方はご存知ですが、当時のハードワークな職場ではビールを多く飲む傾向があり(滋養に富むと考えられた)、ランドリーメイドが洗濯に従事する4月のピーク期は、最も多く消費するとの記録も残っています。



そんな屋敷とビールに興味を持ったあなたにオススメの一冊。



Country House Brewing in England, 1500-1900

Country House Brewing in England, 1500-1900





もちろん久我は……持っていません。この方の刊行物はほぼすべて入手していますが、この一冊だけはまだ決意が付かず。ポンド安のうちに、英国で買うべきか。