ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

表現者向け支援プラットフォーム元年となるか?

表現を行うには時間が必要で、限られた「プロ」以外は、その表現に従事するだけでは生活できません。表現の代価を得るには作品をアウトプットし、「販売」することが最も近道ですが、最近は「活動そのもの」を支援するためのプラットフォームとして、多くのファンと繋がっていくサービス提供の動きがみられています。



[jp] 日本の「ソーシャル資金調達」レース開始ーーGrow!、READY FOR?、CAMPFIREの3社がデモ(2011/02/11)と記事になっていますが、READY FOR?とCAMPFIREがある種の「プロジェクト」(これをするから、パトロンになって欲しい)というものであるのに対して、Grow!はボタンを押して気軽にクリエーターを支援できる“ソーシャル・パトロン・プラットフォーム”の『Grow!』がサービス開始との記事にあるように、「作者その人」へポイントを送る方式です。



個人的に前者は賛同が得られやすく、成果も見えやすい点でかなり大きな金額が動かせるような感じがします。『READY FOR?』に至っては一定の成果物を「支援者が買う」形になっており、ここで商品だけではなく、賛同者にどのような想いを返すかでの工夫が問われています。



一方、『Grow!』は投げ銭はてなポイントや、pixivに有料会員制度 ポイント貯めて“投げ銭”可能にというところに似ている印象で、プラットフォームを問わない点や繋がりを可視化する点で、既存のサービスと異なるのかもしれません。



しかし、個人的にはこの「少額決済」「プロジェクト単位」は長期的に表現者を支援する安定性があるように思えません。過去とはソーシャルメディアを巡る環境の相違や利用者の変化もあるかもしれませんが、電子書籍を単品で売るのとあまり変わらない感じがします。



この点、個人的には有料メールマガジンといった定期購読による座布団型のプラットフォーム、いわば「ファンクラブ」的な方式が登場して欲しいと思います。この形態を突き詰めたのが月額1万円を支払うオタキングexですが、一瞬の繋がりよりも、継続的な繋がりが生まれていく方が、安定していくのではないかと思う次第です。



プロジェクト単位を継続的に続ければ同じことかもしれませんが、あるいは私の発想が違っていて、「創作に専念したいわけではなく、ただこのプロジェクトを世に送り出したい」との機会が増えること自体の価値が大きいのかもしれません。



たとえば、私が「メイドに関する資料を収集し、会員に閲覧可能とする図書館を作りたい」として家賃代や管理費、そして私の研究成果をウェブで公開していくのを前提に1000万円を仮に募集したとして、というような発想は今まではやりにくかったと思います。



何よりも、こうしたプラットフォームができると、「まず、プラットフォームを訪問し、支援するプロジェクトを探す」という人々が生まれ、本来出会えなかった人々と結びつく可能性が出てきます。



いずれにせよ、「自分が支持する誰かを、応援する」システムが今後も多様性を増していくことを願いますし、逆にプロジェクトを行う誰かを「募集する」というようなことも実現していくと面白そうです。そのコンテンツを束ねて、メディアも生まれそうですから。


歴史を学ぶ立場として出来ること

現代の暮らしや価値観を相対化する、それがこのブログにおいては、自分のできることのひとつに思います。私の観測範囲でも今回の震災とそれにまつわる出来事を、「過去」の視点で相対化するエントリを書かれている方々がいました。



墨東公安委員会さんは、日本の「計画停電」の歴史を振り返る〜真の「無計画停電」とはと、電気代と市場経済〜計画停電の歴史・続篇を書き、計画停電の歴史を伝えてくださいました。



最近、「大正時代の女工の話」で取り上げましたコトリコさんは、連日、関東大震災関連で関東大震災の実例から考える非常時デマに対処する方法内務大臣後藤新平さんの談話です、そしてこの際だから『関東大震災のヒーローたち』を無料で公開しますとエントリを公開されています。



では自分に何ができるかを考えると、今すぐに、現代と対応して書けることはありません。しかし、この先、以前から書いてきた「この生活の行く末」、「資源不足で限界が来る」、そして「今の当り前は100年前の当り前ではない」ことについて、過去の人がどう対応したかを書いていくつもりです。



今から100年ぐらい前、イギリスではメイドの成り手が不足し、メイドに依存した人々は生活が立ち行かなくなると危機感を覚え、政府が対応する社会問題に発展しました。



しかし、メイドに実現させる暮らしや生活水準は、100年前には当たり前のことではありませんでした。また、政府も雇用主もメイドの労働条件を改善し、法的に保護する施策を選びませんでした。メイドが安く雇用できなくなると、人々は生活様式を変えたり、外部のサービスを利用したりと、メイドがいない生活に順応していきました。



2010年、「The Age of Stupid」特別上映会感想と「伝える」難しさと、石油を使う生活様式を描くイギリスの映画を見たとき、この石油資源度メイド雇用の状況の類似(どちらも利用できなくなると、それまでより生活レベルが落ちる)を書きました。



また、『イギリス近代史講義』〜現代を照らす一冊でも、際限のない成長を求める結果、世界中で資源を奪い合う状況について触れられているのを紹介しました。端的に言えば、自動車を売れば売るほどガソリンが必要になる国々は増え、たとえば寿司(マグロ)を普及させればさせるほどマグロの需要も伸びていきます。



数年の課題として、段階を追ってこの方面のエントリを書いていくつもりです。


ネットサービスによるメイドイメージの形成や共有

最近、メイドブームのトレンドを整理しています。ちょうど1999年ぐらいに一般作品でかなり「メイドさん」を扱う作品が増え、創作表現として「日本のメイドさん」(非秋葉原メイド喫茶・まだこの頃にはない)のイメージが広がっています。



以下、そのことに関連して考えをまとめるための雑感です。後半、ネットでのイメージの伝わり方について思ったことを書きました。


目次

  • 1.ホームページによるイラスト公開の影響力とその歴史やいかに?
  • 2.メイドさんとインターネットの関係
  • 3.Twitterによるクラスタ超えとイメージの変化


1.ホームページによるイラスト公開の影響力とその歴史やいかに?

初期のメイドブームは1990年代の頃のトレンドの中では1999年がピークに見えるのですが、メイドブームに精通する森瀬繚様から、イラストレーター・村上水軍様の活動に代表される1990年代中葉から後半にかけて、早期にネットで「イラスト作品」を公開された方々の作品によって、メイド・イメージの普及に拍車がかかったのではないかとご指摘を頂きました。



少なくとも、村上水軍様はホームページのイラスト集で確認できる限りにおいて、1997年にはもうメイドのイラストをウェブにあげられています。1999年以降はメイドゲームのイラストも手掛けています。



同人や商業とは別の文脈で「好きな絵を描いて自由に発表する」場としてのインターネットは、どれぐらいの価値を持って、どういう絵が多かったのかなぁと、森瀬様のご指摘に促されて、思いました。



インターネット初期において、ウェブに発表しえるコンテンツを持っていたのは、創作する方々や作品のファン、同人をベースにした方だったのではないでしょうか。あくまでも推測ですが、イラストを発表するサイトの誕生が創作表現に与えた影響、そしてイラストサイトを束ねたリンク集などの歴史を考察した情報がどこかにまとめられていたら読みたいです。pixivも、この流れでは最近の歴史的出来事ですね。



こうしたイラストサイトのデータが登録されたリンク集データベースは、記憶にあるのですが、正確に思い出せません。東浩紀さんの『動物化するポストモダン』P.67-69では、1996年に公開が始まったオタク系検索エンジンTINAMIに言及し、イラストサイトを萌え要素で探す機能があったと紹介しています。その選択項目に「メイド」も含まれているとのことで(本の刊行は2001年)、年代・ジャンルごとの件数を確認する術があったら、より具体的に見えそうです。



その当時、流行していたイラストはどういう比率だったのでしょうか?


2.メイドさんとインターネットの関係

1990年代のネットをさまよっていて(Google検索・期間指定)、メイドさんとインターネットの関連性でブームを感じるネットサービスを見つけました。1998年にはサービスが始まっているメイドさんネットワークです。maid.ne.jpドメインのアカウントを作成できるもので、メイドさんリンクまであります。こうしたドメインを有料でも取得する「メイドが好きな方」向けサービスがあったのです。



メイドにまつわる情報の共有・ホームページではパソコン通信時代からの『制服学部メイドさん学科』様(現在は自転車の部活動へ転換し、サイトのコンテンツは閉鎖)や、『震空館』様(1999年01月)の活動、そしてメイド喫茶ブーム以前にも「メイド」の魅力を伝えるサイトが幾つもあったと記憶しています。



こうしたトレンドは、ホームページブームと重なってもいるでしょうし、1999年には2ちゃんねるも始まっていますので、趣味の共有はしやすくなりつつあったのかなぁとも思います。私も1999年にようやくWindows98のPCを買い、すぐにホームページを立ち上げました。(今とは違うジャンルですが)



情報発信者の増加とシェアという観点で見ると、後の2004年以降の「メイド喫茶ブーム」とネットとの親和性は高そうです。2004年のユーキャン流行語大賞で既にメイド喫茶の存在自体は表に出つつありましたが、ITmediaのこの流行語大賞を報じるコメントが、なんとも言えません。




 気になるノミネート語は「メイド・コスプレ」のほか、「アキバ系」「萌え」。「メイド・コスプレ」が「メイドのコスプレ」のことなのか、「メイドとコスプレ」なのかはよく分からない。

「メイド・コスプレ」が流行語大賞にノミネートITmediaニュース:2004/11/16より引用



メイド喫茶で会いましょう』(asin:4862040780)P.31によると出店ラッシュによって話題を生み、「オタクの流行スポット」的な報道が、やがて「メイド服を着たかわいい女の子を前面に押し出す」報道のしやすさと、「広範な層に来てほしい・タレント事務所運営の場所では露出が欲しい」というところで、メディアの露出機会が増えたとのことです。



出店ラッシュは、メイド喫茶・コスプレ喫茶・メイドカフェ 年表でまとまっていますが、こうしてメディア露出によって存在が知られ、『電車男』のテレビドラマ放送で、訪問者が劇的に増えていきました。



電車男』自体、2ちゃんねる発のコンテンツがネットでシェアされ(私が読んだのはまとめサイト男達が後ろから撃たれるスレ 衛生兵を呼べだった?)、それが2005年にテレビ化した際に、ドラマの舞台となる秋葉原の分かりやすい記号として、「萌え」サービスを提供するメイド喫茶が放送されたのを記憶しています。



2005年は秋葉原ヨドバシAKIBAつくばエクスプレスが出来るなど観光地化も進んでいたので、そうした観光地的なコンテンツ(2005年には「萌え」が流行語大賞)としてメイド喫茶が消費され、そのイメージが強い印象を残したのでしょう。2005年以降、よりメイド喫茶やメイド服を着た店員によるサービスはバブルのように増加しました。



メイド喫茶はホームページでの情報共有もかなり進んでいた印象がありますし、他にも体験や好みを共有する「ブログブーム」「SNSブーム」ともかかわっていたのかなぁと。確か、mixiには様々なコミュニティや、メイド喫茶執事喫茶の起業コミュもあったと記憶しています。



メイドさんメイド喫茶サイト」の歴史(メイド喫茶の歴史ではないです)をまとめているページがありましたら、是非お教えください。どう伝わっていたのかなぁと気になった次第です。


3.Twitterによるクラスタ超えとイメージの変化

こうした流れはメイドブームだけに限ったものではなく、他のジャンルでも似たものがあると思っていますが、では今流行しているTwitterFacebook等のリアルタイム共有の影響は、何に繋がっているのかと考えたとき、「コミケ」の認知度向上や敷居が下がったところを連想しました。



まず、私がTwitterでフォローしている人々には全くコミケやアニメと縁がなさそうな人もいるのですが、昨年末のコミケに「初めて」出かける人がいたり、実は同人誌を作っている人がいたりと、Twitterでは「自分が想像していなかった繋がり」がぽろっと出てきて、驚きました。



コミケの「イメージ」自体は、以前から2ちゃんねるでの実況→まとめサイトという部分での拡散と、コスプレ写真を報じるメディアサイトが増えていたり、ニコニコ動画でネタにされたりして、伝える面は広がっています。ニュースサイトや「はてなブックマーク」がこうしたページを紹介して、「意図しないページ」との出会いの場にもなりますが、「え、あの人が?」というTwitterで見える意図しない驚きは、同時に「コミケ」への印象も変えるのではないかと。



Twitterによる意図しない出会いは、リアルタイム性を持ちますので、特にテレビの放送と親和性が高いように感じます。いきなりタイムラインがテレビ番組の実況で埋め尽くされることもありますが、リアルタイムでそうした情報に接すると、「この人が見ているならば」と興味を持ち、普段は見ない「テレビを見る」ことも起こっているかもしれません。



というのを考えていた時、今日見たエントリ私の振り返るツイッター史で、2008年10月放送開始のアニメ『とらドラ!』の感想がふぁぼったーで上位に出て、それでアニメに興味を持つ人が出たかもとの指摘があり、また「Twitterドラマ化」でTwitter自体が利用者を増やしたとの話も見て、テレビの強さや伝わり方の多様性を感じいった次第です。



最後あんまりメイドブームと関係ないですが、Twitterやリアルタイム系のサービスが、何かのイメージにどのような影響を与えているか、興味があります。


日本のメイドブーム関連情報をホームページに集約

ブログはフローな感じですぐに情報が流れていくので(Twitterよりましですが)、時間が経過しても役立つストックな情報は、蓄積して、資料収集サイトSPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]に更新しています。



今年はいろいろとメイドブーム関係に言及したのと、過去に言及されている方のテキスト、また『英国メイドの世界』刊行を通じて、この界隈で私が尊敬している方たちからいただいたお祝いの言葉に、メイドブームを俯瞰する情報も含まれていたので、その辺も盛り込んでます。



メイド喫茶関連、メイド漫画・小説・コミックスには弱いので、メイド喫茶に強い方の登場を期待します。



前置き長くなりましたが、以下がテキストです。



[特集/リンク集]日本のメイドブーム関連の情報一覧


コミックス紹介の追加と、短編小説の公開

久しぶりに、ブログ以外の更新情報を。


資料サイト:SPQR[英国メイドとヴィクトリア朝研究]

[小説/コミックス]『エマ』、あるいは『エマ』から受けた影響



こちらは、『エマ』を紹介するものですが、自分が『英国メイドの世界』を作れた(同人活動を楽しく続けられた)のは『エマ』の影響が大きかったというようなテーマでも書いています。



[小説/コミックス]プリーズ、ジーヴス



最近、ようやく見つけて購入したコミックスです。性分としてなかなか少女マンガ系は手が出しにくく、『ジーヴス』そのものにも苦手意識がありましたが、かなり楽しめました。はまります。


超短編小説サイト:ヴィクトリア朝の暮らし

同人誌5巻に掲載していた、『擦り切れた膝』(House-maid's-knee)を公開しました。初出はメイド創作合同誌『M.O.E.』で、5年前の作品です。



個人的に、最もメイドを描ききれた短編だと思います。最近はほとんど創作を書いていませんが、12月は少しずつリハビリ中で、そのうち、作品を増やしていくつもりです。



もう一作、2年前に公開した『春、ひとり窓際で』(Under the Blue Sky)も結構気に入っていますので、続けてお楽しみいただければと思います。これは、総集編準備号に入れたものではないかと。



「長編を完結させる気力が無い」「書きたいシーンだけ書きたい」という、わがままから生まれています。題材はアンデルセンの『絵の無い絵本』なのですが、1〜2分でアニメ化してくれませんか?と、欲求を垂れ流しておきます。実写でも。


web拍手



ありがとうございます!



>12/05 21時 御著書やっと読み終わりました。今までいろいろ腑に落ちなかった部分が解消されてすっきりしました。感謝


読破を教えていただき、ありがとうございます! 元々、私が腑に落ちない部分を調べて作り上げたものでもありますので、お役に立てて幸いです。


『イギリス近代史講義』〜現代を照らす一冊

私が英国史を学ぶ中で、最も影響を受けたのは川北稔先生です。初めて手にした川北先生の著作は『産業革命と民衆』で、「都市生活者の視点」「過去の人々の暮らし・日常生活」を非常に大事にされている印象を受けました。年表で覚える歴史というより、産業革命でどのような事象が生じ、どのように個人の生活が変わっていったのかを理解しやすかったです。



今年は『私と西洋史研究 ―歴史家の役割』(ASIN:442220288X)を記され、自伝的に自らの物の見方や立脚する立場が成立していく過程、産業革命・近代化が進む英国をどのように捉えるか、そして日本においてその研究がどのような意味を持つかを書かれていました。今回の『イギリス近代史講義』はより近代史の観点で初心者に分かりやすく概要を伝える構成となっています。イギリスの産業革命にテーマを限定しているというより、私たちが今を生きる産業社会(狩猟社会→農耕社会→商工業を中心とした社会)を見直す上で、本書は欠かせない視点を持っており、世界史に関心のない方が読んでも知的に楽しめる一冊です。



イギリス近代史講義 (講談社現代新書)

イギリス近代史講義 (講談社現代新書)





年末に発売が決定した話題の書『まおゆう』を読む際にも同書は役立つと思います。ネットで読んだ際は魔王と勇者の物語から受け取ったもの(2010/05/17)と感想を書き、最近は『まおゆう』刊行を記念して、振り返る「近代」関連の書籍(2010/12/04)と、近代関連の書籍を書きました。


問題設定:「今、歴史を学ぶ意味」への問いかけ

同書で最も特筆すべきは、「歴史家が、同時代にどのような影響を与え得るか」かもしれません。プロローグでは10ページに渡って、今の日本で世界史の受験者数の減少(世界史への受験を通じた関心の低迷)が、「世界史への関心の低下」なのか「学ぶ若者が減少しているのか」など、現状への懸念を示されています。



その上で、歴史家自体の存在意義にも触れ、「危機に立たされる歴史学」と現状を分析されています。「歴史のプロが社会で必要とされる問題提起をしていない」、そして歴史学への関心の低下はこうした問題提起の欠如にあるのではないかと。日本の経済発展期は英国の産業革命が一種のモデルとなりましたが、その点についても、同時期に渡英していた川北先生はイギリスの経済低迷を目の当たりにし、むしろ、経済発展モデルは「日本だろう」といわれたとのことです。そして、英国で「イギリス衰退論」が言われる中、日本人の歴史家は英国を経済発展のモデルとする考え方からも逃れられなかったと。



実際には本書を読んでいただくのをオススメしますが、川北先生がこのような発言をされる背景として、小泉改革で強く実感させられた「グローバリゼーション」と、経済発展の帰結としての「資源枯渇・環境破壊に直面する生活」をテーマをどう見ていく視点として、英国近代史を照らす方向にて、講義は進んでいきます。


成長パラノイア

川北先生の指摘で、最も現代人に刺さるのは、近代に始まるライフスタイルによって当たり前となった「昨日よりも、もっと良い暮らし」を求める「成長パラノイア」の観点でしょう。給与が上がって良い暮らしをしたい、という価値観に私は染まっていますし、お金を稼ぐために時間と健康を損なう事態も起こっています。



そして個人の消費によって社会的地位が決定される社会が成立し、より豊かな暮らし、「上」を目指す心理も生まれました。経済力、つまりは財産や年収で人から評価されてしまう、それが近代イギリスが今の私たちに残した遺産のひとつだと私は思います。英国の階級社会は「身分」といわれていますが、実質的には年収・収入に紐づいていますし、教育の機会も親の経済力に大きく依存します。



(川北先生が消費の変容を描き出したのが下記書籍で、とても面白いのでオススメします)







労働に対する価値観も変化します。かつては、たとえば日給が2倍になったら翌日は休んで働かない(生活水準の維持)という考え方が多かったのが、昨日よりも豊かな暮らしを求める性向が強まっていくと(少しでも生活水準を上げる・成長への欲求)、給料を上げるためにますます働く価値観に移行していくと、川北先生は指摘します。



私が主に見ている19世紀の英国で、面白い価値観は、「収入に見合った暮らし」をすることへの熱意です。家事使用人の雇用も、中流階級の証となり。雇っていないと「下の階級」に思われました。当時の家事使用人雇用マニュアルには面白い記述も残っていて、私の世代では(誰が言い出したのかは知りませんが)「家賃は月収の1/3程度」との言葉があるのと同様に、19世紀初頭に登場した使用人マニュアル『THE COMPLETE SERVANT』は、年収によって雇うべき使用人の数や、手取り年収に占める「家計費」「使用人」「衣装代」「家賃」「貯金」の5項目に分け、支出の上限値(或いは好ましい配分)を提示しました。


経済成長の限界

その上で、国の経済は発展しなければならないのか、という問いかけも川北先生は行います。そもそも近代には、豊かになるために植民地を支配し、資源を収奪し、また自国の経済発展を追及して資源を囲い込んで国を強化しようとした流れの中で大戦も生じました。さらに、今時点では世界の人口全員が、豊かな暮らしを享受することができるほど、資源は残っていないとされています。私が最近読んでいる下記の本(私が買ったのはKindle版ですが)では、「中国人全員が豊かになるほど、地球には資源が残っていない」とも記されています。



When a Billion Chinese Jump: How China Will Save Mankind - or Destroy it

When a Billion Chinese Jump: How China Will Save Mankind - or Destroy it





しかし、経済発展を中国は続けているわけで、国民の平均的所得も上がっていくでしょう。そうなると、現在繁栄を謳歌している先進国は資源の奪い合いに巻き込まれていきますし(既に巻き込まれています)、「自分たちが豊かでいたいから、他の国は貧しいままで、資源を使うな」ということも出来ないでしょう。成長はどこかで歯止めをかけなければならなくなる=生活水準を落とさなければならなくなる点も、川北先生の問題意識に繋がっていくと思います。


終わりに

私の感想はここまでとしますが、メイドを学ぶ立場としての見解を、川北先生の問題提起に応える形で「メイドが照らし得るグローバリゼーションと経済発展」と題して、近日中に書く予定です。英国メイドを追及していくと、どうしても現代に行き当たってしまうのです。



意外と著名な方がこの本の感想を書いているのも、同書で扱うテーマが同時代的なればこそでしょう。新書で読みやすいので、今の社会を振り返る一冊として、強く推薦します。


メイドブーム関係の言及をしている理由

最近、メイドブーム関係の発言を続けています。



メイドブームの終焉は「衰退」か、「定着」か

補足・メイドブームの断続性と連続性を考える



元々、私はなるべくメイドを巡る言説から距離を置いてきましたし、自分の研究内容に関連しないことは黙っていたつもりです。とにかく、自分の研究する領域だけを見ようとしてきたからです。今でも読み終わっていない英国メイド・屋敷関連の資料が数多く存在しており、そうした研究成果で何かを示すことが、自分には向いていると思っていました。



ところが、昨年の2009年11月に日本ヴィクトリア朝文化研究学会にて、サブカルチャーとしてのメイドを語る方が登壇した際に、違和感を感じました。その方の語るメイド像と、私が知っているメイド像(あるいはオタク界隈におけるメイドブーム)は、あまりにかけ離れていたからです。



ここで感じたことは、「当事者として語っておかないと、声が大きい人に上書きされてしまう」「自分のことを語られてしまう」という危機感と、「語られていた言葉に一理あるけど、それだけでは全然ない」との想いによるものです。



こうした経緯もあって、学会の会報誌に「メイドブーム」についての寄稿依頼が来た際はお引き受けしました。しかし、これまで述べてきたように私はブームそのものの主体ではなかったので、「ブームを誰が受け入れたのか」というのを、私が見た範囲で描こうとしました。



日本ヴィクトリア朝文化研究学会の会報にコラム掲載(2010/04/30)



また、昨年にはこの界隈では私以上のベテランといえる酒井シズエさんと墨東公安委員会さんにお会いすることで、私が伝えてきたことの伝わり方や、メイドを巡る言説について様々な示唆をいただきました。多分、私が今語っているようなことは、御両名にとっては数年前に通過した道なのでしょう。



ある種、私が作るようなニッチなメイドの歴史資料本がブームが去った今になって(多分、ピークは『図解メイド』や『召使いの大英帝国』が出た2005〜2006年)講談社から刊行できること自体が、メイド表現が日本で定着しつつある証拠に思えます。その文化の土壌で育った立場として、周囲を見よう、土地を耕してきた人たちを振り返ってみよう、というのが今の心境です。



私が一連のメイドブームについて語っていること自体、他の誰かにとってのメイドブームを上書きする行動かもしれません。そのときはどうか、是非、声を上げてください。私も、もっと知りたいのです。