ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

飽きてきました(20:15)

外出して遅々として進んでいませんでしたが、現在250人ぐらいを抽出して、リストにしました。が、これでも進捗は33%。全部で750人近いということでしょうか……既に同人誌として印刷するのに適さないレベルになりましたので、抽出結果だけからコンテンツを作ろうかと。



リスト作成時に人名と主人の名前と地名を書きまくっていますが、「Sarah」「Mary」「Elizabeth」「Ann」が異常に多くて、面白いですね。男は「John」多すぎ。主人の中にはDukeなども混ざっていますが、貴族だから多くの使用人を墓に葬ったというデータでもなく(貴族の場合、取材者が入り込めない場所に使用人の墓を作っていた可能性もありますが)



ヴィクトリア女王の使用人の墓、なんてのもありました。



普通に、創作者向けの「イギリス・歴史人名辞典」として本を作れそうな気もしました。


『英国メイドの世界』の委託再開は11月下旬予定

とらのあな」より委託の発注が来ましたので、上記予定にて行います。



間隔が開くのは印刷してある残りはコミティアに持っていくからで、委託分は再版を行う為です。コミティアで既存の印刷分が完売しなければ、1週間ほど早く一部を入荷できるかと思います。



そういえば、うまく時間調整が出来なかったので、コミティア向けの新刊は無いです。