ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

「13歳のメイドは、『シャーリー』だけではない」

ようやく、『NOT IN FRONT OF THE SERVANTS』の使用人が語るエピソードの抽出が終わりました。あまり実用に耐えない短いもの・関係ないものも含めて、全部で146エピソードが、「使用人だった人々」「かつて主人だった人々」の生の声で、語られています。



このうち、実際に使えそうなのは50〜80ぐらいと思っているので、精査に入ります。そのまま掲載しても面白くないので、カテゴライズして、わかりやすい解説を追記する予定です。



今回はメイド島を離れることもあって、今までと違ったテイストの表紙と、そうした「今までの読者ではない人」がすぐ興味を持てるような、「今まで聴いたことが無い、でも心温まるメイドさんの実像に迫った話」という構成で考えています。



その実現に向けて、最終調整です。まだ週末まで時間があるので、他の本からもエピソードを抽出しようと思っています。



過去に同人誌で出した・使ったエピソードも、今回は再利用しますが、面白かったこともありました。友人に協力を依頼し、今、そうしたエピソードを募集していますが、「これのっけて」と貰ったリクエストのひとつに、あるエピソードがありました。当時は利用した資料に名前は出ていませんが、今は、「それがどの使用人のエピソードかわかる」のです。



正解の人物が有名人Frederic Gorstだからなのですが、自分の中でばらばらになっていたものを再統合していく感じで、総集編に向けた最高の肩慣らし・準備になりそうです。



そして一言言えるのは。



「13歳のメイドは、『シャーリー』だけではない」ということです。13〜14歳の頃からメイドになった子がなんと多いことか、と驚愕しています。