ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

『英国メイドがいた時代』をパブーで公開中

2011年夏の新刊『英国メイドがいた時代』電子書籍化(PDF)して、パブーで公開し始めました。




  • 英国メイドがいた時代
  • 久我真樹
  • 500円(税込)
  • 英国のメイド雇用衰退の歴史を解説します。「メイドの時代」が形を変えて復活した現代英国事情も扱います。『英国メイドの世界』の「続き」の位置づけです。『英国メイドがいた時代』が繋がっていくテーマの補足(http://d.hatena.ne.jp/spqr/20110806/p1)も合わせてご参照ください。




現代英国の格差を照らし、現代日本の労働環境も相対化する『英国メイドがいた時代』(2011/08/13)

『英国メイドがいた時代』が繋がっていくテーマの補足(2011/08/06)

「2つの使用人問題」を巡る19世紀末時点での女主人の見解(2011/06/26)



上記で書いたように、この『英国メイドがいた時代』は労働環境を軸に扱っています。これは私の会社勤務の体験や、子どもが生まれて育児環境を考える友人や知人にも通じていく、自分にとって重要な視点です。今日も少し、Twitter上でつぶやきました。



twitter:127526242537840640:detail

twitter:127527116848898049:detail

twitter:127528468555640832:detail

twitter:127529600749273089:detail

twitter:127530524829941760:detail



終わった時代を終わった時代として楽しみつつ、現代を生きる人にとってどう繋がるか、というところは物を伝える立場として、忘れたくない視点ではあります。