ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

冬コミ新刊『ヴィクトリア朝の暮らし10巻 階下にベルは鳴り響く』準備開始

今日は冬コミの新刊作成に向けて、準備を始めました。残された時間は限られている中で、短編集を選択しました。短編集単体での同人誌は2006年12月に製作した『ヴィクトリア朝の暮らし8巻 この倫敦の、空の下で』以来です。



同人誌のシリーズとして『ヴィクトリア朝の暮らし』はメインでした。このシリーズを通じて屋敷や職種を紹介し、外伝ではそこに入らないものを扱ってきました。その総集編として作ったのが、2008年08月の『英国メイドの世界 ヴィクトリア朝の暮らし総集編』、そして『ヴィクトリア朝の暮らし9巻 終わりは始まり』でした。



2007年から2011年にかけて、カテゴリーに入らない『MAID HACKS』、『英国執事の流儀』、そしてヴィクトリア朝を終えて20世紀に入ってからの時代を扱った『英国メイドがいた時代』を刊行してきましたが、久しぶりに『ヴィクトリア朝の暮らし』シリーズの続きとして、この冬は10巻の作成となります。



この10巻は短編集としての「総集編」的な位置づけにもなります。現在廃刊にしている5巻(2005年08月)・6巻(2005年12月)・7巻(2006年08月)、9巻(2008年12月)、そしてウェブ公開で同人誌未掲載分のうち、14本を再掲載するつもりです。



今まで、かなり分散して短編・超短編集を書いてきましたが、今回は職場をテーマにまとめなおし、物語を繋ぐものとして新作を5本書く予定です。期限内に全部を終えられるか分かりませんので、優先順位を決めて、書ける物から仕上げていきます。



ここしばらく、久しぶりにまとめてライトノベルを読んで刺激を受けました。創作意欲が湧いてきており、今書きたいこと・伝えたいことをしっかりと描き切りたいと思います。何ページになるのか、ちょっとわかりませんが、値段は300円を目途にします。




【再掲・再編集】
序章:百年前:ウェブ
ブリキのトランク:5巻
擦り切れた膝:5巻
春の日に、思う
執事の肖像:5巻
束ね髪:5巻
侯爵のメイド:外伝2巻
すべて始めから:5巻
ほんのひと時:5巻
明日の自分:9巻
冷たい頬:9巻
その指先:9巻
いっぱいのトランク:5巻
終章:百年後:ウェブ


【新作】
鏡のかけら
誰かの始まりは、他の誰かの始まり
在りし日の面影
ようこそ、新しい生活
階下にベルは鳴り響く

Twitterでのメモ