ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

『げんしけん2』放送記念、というわけでもないですが母校の文化祭へ

大学時代の友人と出かけてきました。久我が通っていた頃はまだモノレールが無かったのですが、あれ便利ですね。とはいえ、今回は多摩動物公園まで電車で行き、そこから歩いて坂道を上り、大学まで行きました。



2階食堂の裏口から入ると、在学時代に何度も感じた「匂い」が漂ってきました。何の匂いかわからないのですが、十年経っても変わらない食堂の匂いなのかもしれません。で、1階では久しぶりのカレーを頼みました。そのカレー(270円)の安さもさることながら、カロリーは700以上。学生時代はチキンカツカレーが大好きでしたが、多分、1200kcalぐらいあったでしょうね。



でゆるゆると雑談しながら学内を歩き、サークル棟を眺めて、『げんしけん』で事件のあったモノレール(笹原妹がやってくる駅)に乗りました。学内を満たす人々が、自分より十歳以上若い、というのはもう年齢を感じますね。なかには受験生と思しき学生服の子たちもいて、自分にもあんな頃があったのだなぁと、懐かしくなりました。



高校の頃、受験予定だった中大の文化祭を見学に行ったものの、結局、近場のバッティングセンターで遊んでいた時間の方が長かったような。