ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

コミックマーケット81・3日目東ル-53bで当選

サークルSPQRとして、コミックマーケット81に参加します。2011/12/31(土)の3日目で、東ル53bとなります。



http://twitcmap.jp/C813RUk53b



新刊は未定ですが、今のところ、廃刊となった5〜7、9巻の短編の再編集版と、新作を何本か書く予定です。他に、パンフレット的にメイドで扱いえる領域・可能性を記した簡単なパンフレットを作ろうかなぁと思います。



同人での研究を始めたのが2000年、同人誌をコミケの場に初めて持ち込んだのが2001年なのでコミケデビューから丸10年ですね。サークル活動10年間の頒布数字をグラフにしようかと思いつつ。



メイドブームがあったことにもよりますが、歴史資料本とはいえ、10年も続けていると個人でも発行の累計頒布数が1万部を超えています。毎回新刊を出すが条件ですが、まさに、継続は力なりだと思います。



1年目(2001年)が委託で4冊、『英国メイドの世界』が大爆発した2008年は2785冊、というのを思うと感慨深いものがあります。