ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

新刊『ある英国メイドの職場遍歴』 2016年夏コミ向け

久しぶりに更新します。コミケ88新刊『メイドイメージの大国ニッポン世界名作劇場・少女漫画から宮崎駿作品まで』以来の新刊です。



今回の新刊は16ページの冊子(コピー誌ではなく、同人印刷所によるオフセット)で制作しました。久しぶりにイラストなし、情報のみです。委託できる本の形態ではないので、コミケでの頒布のみになります。原点回帰的に、ガチな英国メイド本ということにて、当日はよろしくお願いします。



タイトル:『ある英国メイドの職場遍歴』

著作:久我真樹、イラスト:なし

仕様:A5サイズ、16ページ

内容:テキスト

サークル:SPQRコミックマーケット90 3日目「西地区 "ね" 11a」」で頒布開始

価格:100円

Webコミケカタログ:https://webcatalog.circle.ms/Circle/12704964/

委託:なし



ここ数年、日本のメイドブーム関連の新刊と、池袋のメイド喫茶ワンダーパーラーカフェとのコラボ創作『屋根裏の少女たち Behind the green baize door』など、英国メイドの資料からは遠ざかっていたので、英国メイド関連同人誌制作のリハビリということにて。



今回の内容は、実在する英国メイド(コックに転身)、Jean Rennieの15箇所の職場経験と、それぞれの職場で出会った人たちのエピソードを書きながら、Jeanの人生を追いかける冊子になっています。



本当は他の使用人も主役として、彼らが働いた屋敷・同僚たちを描く本にしたかったのですが、Jeanの転職回数が多すぎて、今回、コミケ用に確保できた作業時間で終わりませんでした。冬はゲームキーパーの本も考えたいところではありますが、申し込むべきか考えているところです。ここ数年、仕事が忙しく……



とはいえ、英国メイド関連の研究を怠っているわけではなく、少しずつ資料も増やしています。たとえば、以下の画像の2冊は『英国メイドの世界』を書いていた当時、その存在だけを他の資料で知っていながら、入手できなかった本です。今は手元にあります。以下の画像の赤本は「愚痴が多い、失敗経験豊富な執事」Eric Horne(大好き)の2冊目。緑本は成功した執事W.Lanceleyの本です。







他にも間に合わなかった資料があります。『英国メイドの世界』を書いたときには伯爵家でゲームキーパーの息子として裏方事務をする人を紹介しましたが、刊行した後にそのお父さん(ヘッド・ゲームキーパー)の本を入手できたのです。そのお父さんの本は、別のゲームキーパーの本で、誤って人を撃ってしまったエピソードの参考文献として出てきたものでした。



で、その資料本はゲームキーパーが管理している猟鳥の数字や、領地内の狩猟エリア(猟場、beat)の地図とかもあって、面白いのです。



最後に、当日は売り子として、過去お世話になったメイドさんにまた来ていただけることになりました。



当日、お会いできれば幸いです。