ヴィクトリア朝と屋敷とメイドさん

家事使用人研究者の久我真樹のブログです。主に英国ヴィクトリア朝の屋敷と、そこで働くメイドや執事などを紹介します。同人・出版活動の報告を含みます。

英国メイドの世界

講談社版『英国メイドの世界』、刊行から5周年

同人誌として2008年に刊行した『英国メイドの世界』は、2年間の歳月を経て、2010年11月11日に講談社から発売しました。それから今日で、5周年を無事に迎えることができました! これも、コミケをはじめとして同人イベントで本同人誌をお読みくださった方たち…

ワンダーパーラーによる「メイド部屋」再現の試みと訪問(2014年9月)

呟いたものの、ブログに残していなかったので。 最近、これまでの英国メイド方面への熱の欠如(情熱が仕事に向かう)を補うかのように、縁ある方々から様々な機会をいただいております。先にRTしたワンダーパーラーのメイド部屋再現企画現場に先日、訪問させ…

『ミステリマガジン』2015年2月号「ダウントン・アビー特集」に寄稿しました

『ダウントン・アビー』の公式ガイドブックを翻訳している早川書房より、『ミステリマガジン』2015年2月号の「ダウントン・アビー」特集で、使用人の解説をして欲しいと依頼があり、「執事とメイドの仕事 屋敷で働く家事使用人」を寄稿しました。12月25日発…

『英国メイドの世界』講談社から刊行して4周年&12月に重版・第六刷!

ということで、『英国メイドの世界』講談社版は刊行から4周年を迎えられました。2010/11/11刊行から、多くの読者の方にお会いできて、4回の増刷を行えました。ありがとうございます! 発売後は、一瞬だけAmazonの本総合で31位になったことも、良い思い出です…

『英国メイドの世界 エッセンシャル版 屋敷で働くメイドの仕事・エピソード集』2013/04/26(金)発売・配信開始と電子書籍化の意図

英国メイドの世界 エッセンシャル版 ?屋敷で働くメイドの仕事・エピソード集?作者: 久我真樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/04/26メディア: Kindle版この商品を含むブログ (6件) を見る 本テキストの目次 はじめに 「エッセンシャル版」の意義=広義の…

『英国メイドの世界』電子書籍化 「エッセンシャル版」を近日発売予定 

twitter:320519682669043712:detail 『英国メイドの世界』は、かっちりしたデザインの分厚い本として作っていただきましたが、電子書籍化でレイアウトの自由度が下がるため、見せ方の見直しや組み換えで、時間やコストがかかり、一冊丸々行うのが難しいこと…

『英国メイドの世界』から2周年・振り返り途中

2011年11月11日に『英国メイドの世界』を講談社より刊行してから、2周年を迎えました。絶版にならないようにと準備を進め、刊行後も積極的に読者の方々(顕在化している方々と、ふとしたきっかけで実は読者であると気づいてもらえる方々)に見つけてもらえる…

『ハヤカワミステリマガジン』2012年12月号にコラム「ゴシック小説の家事使用人からメイド喫茶へ」を寄稿

タイトルの通りです。 ASIN:B009P8B8WC:detail 以下、Twitterにて書いたものをこちらにも掲載します。時間ができてから、再更新します。 帰宅したところ、寄稿した『ミステリマガジン』2012年12月号が届いておりました。たまたま元々の専門領域と、関心を深…

家事使用人勉強会の始まり

2012/07/16(月・祝)に第一回目の家事使用人研究会を開催します。詳細と申込みは月夜のサアカスのブログ、使用人研究会のお知らせをご覧ください。 前半は「概論」として興味を持ってもらうために、日本におけるメイド関連書籍の話を踏まえつつ、最低限、家…

講談社『英国メイドの世界』増刷・第五版が2012/03/23出来

英国メイドの世界作者: 久我真樹,撫子凛,宮鼓出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/11/12メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリック: 500回この商品を含むブログ (54件) を見る 先日、担当編集の方からご連絡をいただき、『英国メイドの世界』が四…

『オリエント急行の殺人』と『英国メイドの世界』を一緒に読むと広がる楽しみ

私の英国メイド研究・屋敷研究の原典と言える、英国ドラマ『名探偵ポワロ』の新シリーズが昨日からNHKのBSプレミアムで02/06(月)から02/09(木)まで放送されています。 NHK公式サイト DVDも5月に出るみたいですね。 名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BO…

日本の英国メイド関連本の刊行30年史

英国メイド(家事使用人を含む)関連書籍の歴史の整理の一環です。まずはメイド関連の知識が掲載されている資料本の変遷を暫定的に公開します。語感がいいので30年史にしていますが、厳密ではありません。私が把握する限りなので、すべてではありません。 19…

『英国メイドの世界』刊行から1周年を振り返る

(PDFで第一章すべて立ち読み:約23MB:http://spqr.sakura.ne.jp/data/EikokuMaid_Web1.pdf) お陰様で、講談社BOXより刊行した『英国メイドの世界』は1歳を迎えることが出来ました。今までにお買い求めくださった読者の皆様、心よりお礼申し上げます。多く…

FM-TOKYO『水樹奈々のMの世界』のメイド対談を振り返って

ご縁があって、水樹奈々さんのラジオ番組『水樹奈々のMの世界』に出演してきました。FM-TOKYOで2011/10/09 00:30-01:00の放送でした。 http://www.tfm.co.jp/7/index.html どのような「ご縁」かといえば、少し話が長くなります。まず、水樹さんの先輩・井上…

お知らせ〜『英国メイドの世界』増刷による在庫補充と、水樹奈々さんのラジオ番組出演予定

【お知らせ・その1】『英国メイドの世界』在庫補充 『英国メイドの世界』、ようやくAmazon在庫が復活しました。在庫数はこれから増えるのではないかと思います。 ※2011/10/04追記:また尽きました……補充はすぐおこなわれるのではないかと。 楽天やbk1には在…

講談社BOX刊行『英国メイドの世界』増刷・第四版&現在発売中

英国メイドの世界作者: 久我真樹,撫子凛,宮鼓出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/11/12メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリック: 500回この商品を含むブログ (54件) を見る 『英国メイドの世界』、2011/09/26付で第四版が出て、三度目の増刷と…

新宿・ジュンク堂でウッドハウスのフェアに陳列中(らしく)&AMAZONでは在庫切れ中

ジュンク堂@新宿に「ドローンズクラブの英傑伝」を買いにきたら、ウッドハウスフェアのテーブルが。ジーヴスもジーヴズもコミックのジーヴスも並んでるうえに、「英国メイドの世界」「英国メイドの日常」なんて本までっ。今日は大荷物だから文庫一冊買いにき…

『英国メイドの世界』AMAZON在庫切れと「執事」も扱ってますよ情報

久々にAMAZONでの『英国メイドの世界』在庫が尽きました。注文受付は可能です。これは返本などで本が出版社に戻ってくると補充されますので、実際には2〜4週間待ちより短い場合があります。 今のところ、『英国メイドの世界』の在庫は、bk1での通販と、ジュ…

同人版『英国メイドの世界』の巻頭カラー4ページイラスト・一部公開中

2008年の同人版『英国メイドの世界』で巻頭カラー4ページのイラストを描いて下さった神奈江淳さんが、同イラストの一部をTINAMIで公開されています。是非ご覧ください! http://www.tinami.com/search/list?prof_id=26527 この連作では「夜」と「光」が描か…

『英国メイドの世界』発売8か月経過報告と電子書籍のアクションなど

久しぶりの経過報告となります。『英国メイドの世界』は2010/11/11の発売から、先日の2011/07/11で遂に8か月を経過(9か月目に突入・もうすぐ10か月へ……)しました。発売から半年で返本期間を迎えると、基本的に本は在庫となって出版社に戻ってきます。半年…

新刊『英国メイドがいた時代』

『英国メイドの世界』の続編的位置づけ・「最盛期から衰退の時代へ」 夏の新刊情報です。通巻では18冊目です。 今回の新刊は『英国メイドの世界』で主に扱った「19〜20世紀前半までの間に英国社会に広がったメイド雇用」がどのように衰退を迎えて表舞台から…

「2つの使用人問題」を巡る19世紀末時点での女主人の見解

英国メイドの終焉を語る際には、「使用人問題」という言葉は欠かせません。英語では「The Servant Problem」「The Servant Question」と表記するこの問題は、時代によって「何が問題か」という意味が異なりました。 まず、19世紀末までに表面化した大きな問…

近代英国の家事から見るメイドがいた風景(掃除や洗濯など)

昨日のエントリ、近代英国の家事についての読書メモ(料理や燃料、照明の話)の続きです。なぜメイドが雇わらなければならなかったのか、メイドがどんな環境で家事をしていたのかを、家事の歴史の観点で照らすものです。 参考資料は、近代英国三世紀の家事の…

近代英国の家事についての読書メモ(料理や燃料、照明の話)

少し前に、近代英国の三世紀に渡る家事の歴史を扱った『A WOMEN'S WORK IS NEVER DONE』の読後感想をまとめて呟いていたので、ブログ用に再編集しました。ざっくりした本の感想まとめです。 メイドがどういう職場で働いたの、というところの理解なしに、彼女…

『英国メイドの世界』第一章「英国使用人の世界」PDF公開開始

英国メイドの世界(著者による紹介)ページにて、第一章「英国使用人の世界」のPDF公開を始めました。以下、Twitter上での告知と同じ内容です。 データの都合上、見開き2ページでPDF1ページとなっています。既読の方でもPDFにすると読みやすいかもと思ったも…

『英国メイドの世界』ネット上での感想のまとめ:その2

『英国メイドの世界』に関連して、読者の方がつぶやかれたことや、その補足をとりまとめる更新の2回目です。なんというか、ブログで書ける分量をつぶやいているので、ブログがおろそかになっているという気もします。 まとめてみると、結構ありますね。 1回…

『英国メイドの世界』刊行から半年経過と振り返り

『英国メイドの世界』をお買い求めいただいた皆様、並びに読みくださった方々にお礼を申し上げます。2010/11/11の『英国メイドの世界』発売から、半年が経過しました。幸いにも二度の重版を経験することができました。 英国メイドの世界作者: 久我真樹,撫子…

『英国メイドの世界』ネット上での感想のまとめ:その1

2011/04/25から、感想の共有やその点についての感謝やコメントなどを書くことにしました。感想をRTすることに迷いがあって行っていませんでしたが、「他の視点での感想」を、既存の読者の方にも提供できると教わる機会があったので始めました。 また、RTをす…

『英国メイドの世界』感想のTwitterでの共有と在庫状況

Twitterのハッシュタグで、『英国メイドの世界』についての感想の共有を始めました。基本的に私が見つけた読者の方の感想を、テーマを決めてRTしつつ、それに関連する背景や想いを書くつもりです。 【定期ポスト】今日も『英国メイドの世界』でRTします。ど…

『もしドラ』と英国執事のマネジメント本

以前書いた屋敷に仕えた執事に求められた4つの能力に対して、はてなブックマークで、次のようなコメントを頂きました。 id:reds_akaki 執事, マネジメント, 日の名残り, もしドラ 柳下鰌狙われてはid:spqr id:y_arim http://b.hatena.ne.jp/entry/lunaticpro…